TS出来形管理

2017年11月28日 新発売!

国土交通省の共通仕様書をマスタとした各種帳票を作成するDynaCADシリーズのオプションです。
施工管理データ交換標準 Ver.4.1に準拠したXMLの入出力に対応します。

機能

基本設計データの作成

1

  • 基本設計データ作成時に、DynaCAD上の計画図面に関連付けた基準点、平面線形座標点の取り込みが可能です。

TS(トータルステーション)による出来形計測・計測結果の施工管理データ出力

作成したデータをXMLで出力。TS(トータルステーション)に取り込んで出来形計測を行います。

計測結果の施工管理データの読み込み

計測結果の施工管理データを読み込み、結果の確認を行います。

2
  • 施工管理基準の規格値外の値は、色文字で表示します。
  • TS(トータルステーション)の測定値だけでなく、直接測定値を入力することも可能です。

帳票の作成

出来形管理図表(様式31)、測定結果総括表(様式81)、測定結果一覧表(様式82)、
出来形管理図表(様式83)、出来形管理図(様式84)、度数表(様式85)の出力を行います。

3

動作環境

DynaCAD土木Plus、DynaCAD官公庁版Plus Ver.19以降必須
その他はDynaCADシリーズの動作環境に準じます。