土木技CALS

工事開始から終了・納品までの
あらゆる書類の作成・管理を、
多彩な機能でトータルサポート

2004年4月1日より、国の行う全ての工事において、工事完成図書の電子納品が全件実施されるようになりました。また、都道府県では2007年度から、全市町村でも2010年度から全件実施されます。これまで大きな労力を要してきた、さまざまな申請・納品の手続きが大幅に効率化される「CALS/EC」。
『土木技CALS』は、その「CALS/EC」に完全対応。工事の開始から終了まで、あらゆる文書・図面の効率的な作成・管理を、多彩な機能で強力にサポートします。

すべての人に使いやすい簡単操作画面

電子納品に必要なすべての書類を作成、編集、取込み、整理することができます。ファイルを開かなくても「土木BOOK」上のプレビューで内容を確認することができます。

工事書類の一元管理と、電子納品構成への表示切替え

施工文書管理システムの操作は「土木BOOK」を基本に行ないます。本棚にあるファイルを取り出し、ページをめくって書類を見るわかりやすいスタイルです。操作ボタンも最小限におさえ、どなたにもやさしくて快適な操作性を実現しました。

紙書類での納品から電子納品へ

電子納品各種基準(案)に標準対応。もう膨大な量の紙書類の納品に頭を悩ます必要はありません。仕分けから変換まで、ワンクリックで簡単に行うことができます。

クライアント・サーバーによる共同作業とセキュリティ

クライアントサーバー型ネットワークシステムで、サーバーにユーザー作成データを保管できます。サーバーにつながるすべてのクライアントでデータ共有が可能です。