最先端の生体認証システム3D顔認証 Vision Access

Vision Access 3D顔認証システム

  • 高精度
    赤外線方式による4万ポイントの3Dデータが双子をも識別。
  • スピーディ
    認証に必要な時間はわずか1秒以下。データ登録に必要な時間は8秒以下。
  • ユーザビリティ
    1メートル前からリーダを見るだけで認証OK。ハンズフリーでストレスフリー。
  • 拡張性
    ICカードなど既存のセキュリティシステムとの連携が可能。

3D顔認証のテクノロジ

赤外線の照射とキャプチャリングを同時に行いユーザの顔の3次元データを登録します。このデータは4万ポイントの情報を持ち、顔の形状を100分の 1ミリ単位でテンプレート化しています。認証に必要な行為は0.6~1.2m離れた位置で立ち止まり、リーダに搭載された液晶画面に映る自分の顔を見るだ け。認証時間は1秒以下。最高水準の精度とスピードを快適な認証方法で実現させた最先端の生体認証システムです。

Vision Accessの特徴

  • 赤外線を使用するので暗闇でも認証が可能です。
  • 立体的な形状として識別するため、ビデオや画像による「なりすまし」を排除できます。
  • ハンズフリーでの運用が可能です。
  • 紛失・盗難・共有・複製・忘却のリスクがありません。
  • 管理者の運用業務が軽減。
  • 既存のセキュリティシステムに追加することで、より堅牢なシステムを構築できます。
  • 運用環境やユーザに応じてセキュリティレベルを調整できます。

利用シーン

 

※Vision AccessはBioscrypt社の登録商標です。
※Windows 2000、Windows XP Professionalは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

 

導入実績/導入事例

導入実績

海外

米国国土安全保障省、米国デンバー市公共交通機関、米国ソルトレイクシティ空港、クウェート議会、シンガポール入国管理局、スイスピクテ銀行、フランスリヨン空港、英国警察情報技術室、スイス国際高級時計展(ジュネーブサロン)

国内

社団法人(東京)、システム開発会社(大阪)、総合サービス会社(京都)

導入実績

導入事例

導入前はICカードを利用した入退室システムの為、毎回カードを取り出し認証を行い入退室を行っていました。 3D顔認証システム導入に伴い、ハンズフリーでスムーズな入退室が実現し利便性を感じております。また、カードを携帯する必要がなく、紛失のリスクがなく なり運用業務が軽減されました。

導入事例

 

※Vision AccessはBioscrypt社の登録商標です。
※Windows 2000、Windows XP Professionalは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

 

プロダクト仕様

image031

認証時間
1秒以下
フェイスリーダ毎の登録人数
60,000名
サポートフォーマット
Wiegand 26bit
インターフェース
Wiegand 26bit、RS-232C、RS-422またはRS-485
ネットワーク
イーサネット 10/100Mbps
動作温度
0℃~+50℃
サイズ
132×355×116mm(WHD)
重量
1.3kg
電源
24VDC/3A(MAX)

 

image041

登録時間
4~8秒
動作温度
+5℃~+40℃
サイズ
119×292×152mm(WHD)
重量
1.7kg
電源
12VDC/1.5A(MAX)
管理PCと接続して使用
管理PC主要スペック
・OS:Windows2000 / WindowsXP Professional
・CPU:Pentium4 3.0Ghz / Intel Dual Coreプロセッサー 1.5Ghz以上
メモリ:512MB(1GB以上推奨)
ネットワーク
イーサネット 10/100Mbps
その他
CD-ROM、USB2.0ポート、デュアルモニター機能

 

※Vision AccessはBioscrypt社の登録商標です。
※Windows 2000、Windows XP Professionalは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

 

▲page top